HIDA oak

飛騨のナラ原木を自ら

日本一の面積を誇る高山市には面積 60,000ヘクタール 蓄積量 800万立米の広葉樹が存在します。飛騨高山は四季がはっきりし、雪が積もる冬場には成長が抑制され暑い夏に思いっきり成長します。家具用材として利用できるまでに平均して80年はかかるため大径木は少ないですが、その分表情豊かな木が育つのです。その中でも強度に優れたナラ材を自身で原木購入し一年以上天然乾燥した上で、使用時期がはっきりした時点で人工乾燥を行い家具づくりに使用しています。素性のわからない輸入材はなるべく使わないようにして、地域の材料を積極的に使用しています。身近な木材の活用を通じて、森林保護の役割も果たしています。
 
Takayama-city, ranking as the city with the largest area in Japan, is home to 8 million m3, 60,000ha of hardwood forests.  The distinct four seasons in the region contribute to the unique growth of hardwood: heightened growth in the summer, and slower growth in the snowy winter. It is said to take average of 80 years for hardwood to become suitable for furniture making; thus large, magnificent trees are not very common. In place of impressive size, the characteristics and quality of such hardwood is rich and unique. We choose oak for our furniture for its great strength. After logs are hand-picked, they are air dried for minimum of a year. The logs are then kiln-dried once we know when the materials will be processed. We avoid using imported materials and instead, look for local materials in hopes that we help better utilize natural resources in the region.

HIDA oak

サスティナブルな広葉樹

戦前、日本のナラは各地で伐り出され、インチ材として輸出されていました。しかし関税撤廃に伴い安価な外国材が輸入されるようになると、国内のナラは見向きもされないようになり現在に至ります。近年ナラ枯れが問題になっていますが、これは老齢になった大径木のナラが被害にあっており、適切な時期に伐採など管理ができていれば防げることだと言われています。そしてあまり知られていませんが、広葉樹は根を掘り出さない限り芽吹き続けます。広葉樹はきちんと管理できれば、サスティナブルな資源なのです。
 
Before World War I, Japanese oak was harvested throughout the country to be exported as inch wood. However, with elimination of tariffs, imported forest products became cheaper and more accessible, which in turn meant decreased demand for the Japanese oak. The situation has stayed stale to this day. In recent years, some of the old oak forests are facing declining health and the cause is believed to be stemming from mismanagement of hardwood forests in general. These dying oak trees are believed to have matured beyond its healthy lifespan, without being cut down at its prime. Adequate forest utilization is a key element in sustaining healthy hardwood forests. 

美しい新緑の広葉樹

売れないから伐り出さない

木に囲まれたこの地で、地元の木を手に入れようとして気づいたことがあります。製材・乾燥された輸入材が安易に入手できることに慣れて、ほとんどの作り手が身近な木材を入手しようとしない時期が長く続いてきました。木材市場に出しても売れなければ、伐り出されることはなくなります。そうして、ずっと飛騨の広葉樹は手をつけられず放置されてきました。近年、自然エネルギーに注目が集まるようになり、広葉樹は薪として注目され、その中でも薪にするには大きくて厄介なものがポツポツと木材市場に出されています。この現状を踏まえ、微力ながら飛騨のナラ材を毎年買い続けることで、木材を伐り出す循環を作ろうとしています。
 
Surrounded by abundance of trees in Takayama, I realized the local manufacturers have not taken advantage of the natural resources in the region for many years. Instead, they relied on imported materials that are cheaper and already cut-to-size and dried. Hida hardwood forests remained under appreciated because there was little demand on the market. It wasn’t until just recently the popularity of wood fireplaces has turned some attention to renewable energy and hardwood forests. The local log auction has started to deal occasional oversize hardwood logs that are too cumbersome to turn to firewood. I believe our furniture making contributes to sustainable hardwood market and sound forest management.

直径50を超える飛騨ナラ
 
原木製材

丁寧な管理

春から夏場の木材は水分を多く含むため、乾燥にバラツキが出やすくなります。そのため原木を購入するのは冬場のみ。毎年11月ぐらいから木材市場に並ぶ木材を入札し購入しています。本数で30〜40本。製材時には1本1本表情を見ながら、使用目的に合わせて厚みを決めています。天然乾燥時も夏場の急激な乾燥を防ぐため、打ち水するなど丁寧な管理を行っています。1年以上天然乾燥したのち、使用時期がはっきりした時点で人工乾燥を行い家具に使用しています。
 
Because wood contains more moisture form spring to summer than the rest of the seasons, it can lead to uneven moisture content within the wood when drying. Therefore, we limit purchasing logs only in the winter time. Every November, the bidding process begins at the regional log auction and we bid for 30 to 40 logs. We hand select each log and oversee the sawmilling process watching the logs’ characteristics for end-use.

マテリアルトリートメント

マテリアルトリートメント

2018年より導入したマテリアルトリートメント(ABE 木の総合学研究所)。天然乾燥時の虫害のリスクを減らすため、製材後、1,2ヶ月以内に醸造用最高品の古渋を使った柿渋を塗布しています。
 
We introduced Material Treatment (ABE Tree Integrated Research Institute) on our furniture in 2018. Within the first 1 to2 months after sawmilling, we apply superior quality persimmon tannin in order to reduce the risk of insect damages during the air-drying process.

天然乾燥

飛騨の広葉樹は他にも

強度に優れたナラをメインにしていますが、飛騨にはまだまだ様々な種類の広葉樹が存在します。クリやキリ、シナ、沢クルミを少しずつですが、家具づくりに使い始めています。国産材で人気のオニクルミやヤマザクラなどもありますが、できれば誰も見向きもしない家具に使える材料を探しています。意識して地元の材料を使ってきたおかげで、2017年ついに輸入材の使用は全くなくなり、飛騨の広葉樹だけで家具を作る体制ができています。
 
Although our furniture is mostly made with oak, Hida offers many other kinds of hardwood species. We have started experimenting with chestnut, princess trees, linden, and wingnut wood. Japanese walnut and cherry are so popular in woodworking world that I tend to look for materials that are still under people’s radar. Our continuous efforts in sourcing local materials paid off in 2017 and we now rely solely on Hida hardwood, without any imported materials in our products.

飛騨のクリ材

飛騨ナラのある暮らし

小径木で節も多いですが、その分表情は豊かです。強度に優れたナラなので、椅子など細い部材にしても問題ありません。家具の入る空間全体のバランスを考え、節や割れも取り込むことで、無垢材にしか表現できない温かみのある家具を製作しています。
 
Although smaller diameter trees tend to have more knots, the wood characteristics are rich and unique. Oak’s strength is so excellent that it carries the property even in small pieces. We incorporate knots and cracks of the wood into our furniture to create approachable, warm feel to the entire atmosphere in which the furniture will be placed.