HIDA Leather

染料仕上げのフルベジタブルタンニン鞣し家具用革

飛騨での使用が革小物に限られていた飛騨牛の皮。多くはどこでどのように消費されているのかわからない状態でした。岐阜が誇る飛騨牛の皮としての活用をもっと増やしたいと考え、2017年、初めて家具用革として開発・使用致しました(HIDA Leather 商標登録 6001390)。流通の関係で、特定のブランド和牛のみを使用した家具用革は他には存在しません。高級食肉用家畜として大切に育てられた飛騨牛の原皮は、解体後1時間以内に冷蔵されるシステム下にあります。そのため原皮の品質は他に類がなく、それを世界品質のタンナーにより製革していただいています。使い込むほどに味わい深くなるベジタブルタンニン鞣しを施し、生きていた証としての自然なシボなどのナチュラルマークをそのまま感じられる染色のみを施した高級家具用革です。品質の違いは時間とともに現れます。
 
Historically, use of Hida beef hide was limited to small leather products and there were no known facts on other uses. In 2017, in hopes to boost the use of Hida beef hide in furniture products, we developed HIDA Leather, product registration number 6001390. This is the first and only known attempt to use specific brand-name cow hide in furniture. Under the rigorous Hida beef processing structure, the hide is refrigerated within one hour of slaughtering, which contributes to superior quality leather. The hide is handled by world-class craftsman with vegetable-based tannin. The leather with such tannin shows original marks and spots from the animal and ages nicely over time.

HIDA Leather

飛騨牛の生産者を訪ねる

開発にあたってまず訪ねたのは、飛騨牛生産者。山間にある農業生産法人 藤瀬肉牛農場有限会社。過去に和牛オリンピック(和牛能力共進会)で優勝した牛を輩出した農場です。高級食肉用家畜として飼育される飛騨牛は、その丁寧な飼育によりその毛並みも美しい。
 
In the development stage of HIDA Leather, we fist visited Fujise Hida beef cattle ranch in the mountains. This ranch has produced a winner of the Wagyu Olympic (Wagyu Exhibition Association) in the past. The cows under tender love and care not only produce high quality beef, but also fine, superb skin and hair.

飛騨牛

穏やかな空気が語るもの

生産者の朝は早い。しかも雪が積もる地域ゆえ、冬場の作業は過酷を極めます。しかし、そこに緊迫した空気はありません。なぜなら、牛たちに余計なストレスを与えることは、決してあってはならないからです。人間たちの苦労も知らず、ゆったり、のんびりと飼育されている飛騨牛はその運命を差し引いても、幸せな時を過ごしているように感じます。
 
The Hida beef ranchers’ mornings start very early.  The work gets even tougher during the snowy harsh winter. However, there is little tension and stress felt in the atmosphere at the ranch; rather, time seems to pass slowly an relaxingly. This environment is not made accidental, but so humans do not pass on any stress to the cattle. Regardless of the final destiny, the cattle appear to enjoy their life on such well managed ranch.

飛騨牛の飼育現場

国内に革のためだけに飼育されている牛はいない

動物愛護の観点から、リアルレザーを使わないようにしようという動きが一部にあります。しかし、世界的に見れば、革大国であるイタリア、ドイツを除けばそのような牛は存在せず、ここ日本にも全くいません。高級食肉用家畜として飼育されている飛騨牛。その皮は副産物の一つなのです。大切に飼育され、我々の食となっているものだからこそ、全てを有効活用するのが我々の責任だと思います。しかも、大切に飼育されている飛騨牛の原皮はプロも認める美しさです。
 
Some animal rights activists have claimed to stay away from use of real leather. However, there are only a couple of countries in the world that keep cattle for leather purposes only. Such practices are non-existent here in Japan, and all leather is a biproduct of beef cattle. We believe it is our responsibility to utilize all resources while limiting waste, especially with these cattle that are raised under such great care.

美しい飛騨牛の原皮

世界品質の製革地 兵庫県姫路市高木

15世紀の戦国時代より、牛皮の製革を行なっていた兵庫県姫路市高木。この地に流れる市川は、硬質で毛を抜きやすくするバクテリアを含む水が流れています。この地で育まれた製革技術により、HIDA Leatherは世界品質の革として作り出されています。
 
Since the 15th century, cow leather production has been a viable industry in Takagi, Hyogo-prefecture. The water in the local river, Ichikawa, is hard, and contains bacteria that helps in the de-haring process. The developed leather crafting techniques in this area help HIDA Leather achieve its world-class quality.

姫路の製革業者