Journal

木材のトレーサビリティとAI

  September 2018

 
トレーサビリティを保証するためには、かなり地味な管理が必要になります。製材時には厚みを指示するため立ち会うのですが、この際に丸太から板になった一枚一枚に刻印をします。ただ、今後扱う量が増えてくると、これを実施し管理するのはかなり困難になることは想像できます。そこで、ここにAIを導入できないか検討してもらうことにしました。うまくシステムを構築できると、管理の手間を大幅に削減することができます。
 
 
In order to guarantee traceability , considerable management is required. When lumbering , We will be there to order the thickness , in this case we will stamp one which turned into a board from a lumber. However , it can be imagined that it will be quite difficult to implement and manage this as the amount to be handled increases in the future. So I decided to consider whether we can introduce AI here. Once we can successfully build a system , it is possible to drastically reduce the labor of management.
 
 
木材のトレーサビリティとAI | Journal | HLF